前へ
次へ

不動産購入で迷いがちな住宅ローン頭金問題

不動産購入前に知っておきたいのが、住宅ローンと頭金の基礎知識です。住宅ローンの頭金は、不動産購入代金を支払うときに自己資金で充当する分を指します。頭金の割合が大きいほど総支払額は少なくなり、借りる住宅ローンの額が少なくなるため返済負担は小さくなります。一般的に不動産購入価格の2割程度が目安といわれていますが、これから不動産購入という大きな決断をするときに、まとまった頭金を用意するのはなかなか大変です。とは言っても住宅ローン返済負担のためには、頭金は多いほどよいのではと考える人も多いでしょう。ただ一概にそうとも言い切れず、もし頭金を貯めるために何年も年月を費やすなら、得策ではないことも多いです。例えば時期によっては、貯めている間に不動産購入価格が上がったり、住宅ローン金利が上がったりする可能性があります。一生懸命自己資金を貯めていたら、かえって不動産購入後の総支払額が増えたということになっては本末転倒です。重要なのは2割という数字ではなく、今現在住宅価格がどのように動いているか、金利はどうかを分析することです。もし不動産購入の条件が合いそうなら、頭金はさておき決断することも必要です。

Page Top